キャッシング用語の主なもの - 楽天カードキャシュ裏ワザ攻略

キャッシング用語の主なもの

楽天カードキャッシングをするにあたってキャッシング用語をある程度知っておいた方がいいと思いますので紹介したいと思います。まずキャッシングをする場合には金利や手数料という言葉が出てくると思います。キャッシングをする額が少なければ高くなりますしキャッシングをしている時間が短ければ金利は高くなります。しかしたくさん借りたからとか返済期間が長いと金利が得というわけではありませんからキャッシングをする場合には金利面をよく確認してからキャッシングしましょう。それからキャッシングの限度額についてですが限度額というのは、キャッシングで借りることができる額のことを言います。クレジットカードには限度額があると思いますがショッピング枠とキャッシング枠に分かれていると思いますからそれぞれ確認しておくのがいいと思います。

キャッシング用語として利便性も一つあると思います。キャッシングの利便性というのはどんなことかというと、返済のときの利便性といった使い方をするのですがどれだけ返済しやすいのかということですね。たとえば給与口座から引き落とし可能なキャッシング会社の場合にはわざわざ返済しに行かなくてもいいのですがATMに入金しなければいけない場合には少し面倒ですね。

楽天カードキャッシングとは
キャッシングとはなんだと思いますか?キャッシングというのは、銀行や消費者金融といったそれぞれの金融機関で利用する本人の確認が取れて、本人を信用してお金を貸すという融資のスタイルをキャッシングといいます。キャッシングは担保も要りませんし、保証人も必要ないことから手軽にお金を借りることができます。キャッシングのカードは発行にかかる手数料も年会費なども要りませんからクレジットカードともキャッシングカード違っています。キャッシングとクレジットの違いはクレジットの方は、買い物をしたり何か食べたり何かすることについてそのものにしか利用できませんが、キャッシングの方は、現金が手元に入るわけですから使い道は自由です。

簡単にわかりやすくいえば楽天カードクレジットカードで結婚式のご祝儀を支払うことはできませんが、キャッシングカードでなら現金を貸してもらえますから結婚式のご祝儀も支払うことができるというわけです。手軽にできるキャッシングですが利息は高く、手軽に借りてなかなか返せないというのがキャッシングの特徴です。キャッシングによってお金を返すことができなくなって自己破産するという人も年々増えているといわれています。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。